天然由来のオーガニック成分には保湿機能やバリア機能を高める作用があります。

アトピーとオーガニック成分

オーガニック系の化粧品や石鹸は、農薬、防腐剤、人工香料・着色料を使わず、3年(一部で2年)以上は農薬、化学肥料を使っていない土壌で育てた植物系素材を使った商品です。
アトピー肌には石油由来の成分が大敵なので、オーガニック成分配合の石鹸に変えるとアトピー肌改善効果を期待できます。
しかし、市販品は少量でも配合していれば、他に石油由来成分を配合していても「オーガニック成分配合」を明記できることから、粗悪品も多数あります。
手作り無添加石鹸なら、純度の高いオーガニック石鹸を作れます。

 

 

アトピー肌の要因とオーガニック成分の注意点

オーガニック成分の注意点

アトピー肌はアレルギー性もしくはアレルギーと深い関係がある免疫物質を作りやすい体質の人に起こりやすく、アトピー以外のアレルギーを持っていることが多いです。
食生活の問題のほか、使用する石鹸や化粧品、スキンケア用品の成分でアレルギー反応を起こしてアトピー性皮膚炎を発症していることもあります。
オーガニック成分は天然素材の成分なので、市販品よりも石油由来成分などの合成料でアレルギー反応を起こすリスクを減らします。
ただし、オーガニック成分であっても、植物に対してアレルギーを持っていると悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。
手作り石鹸は原材料を完全に把握できて、自分でカスタマイズできるので安心です。

 

 

アトピーがかゆくなる原因

 

アトピーは皮脂が少なくなっていて乾燥することで、肌のバリア機能が弱まり外部からの刺激を受けやすくなっています。
つまり、健康な肌に比べてデリケートな状態になっているため、生活の中での細菌や石鹸などの刺激成分が反応してかゆみを引き起こしています。
かいてしまうと、炎症はさらに悪化をする悪循環に陥り、アトピー肌は中々治りません。治ったとしてもアレルギーが原因になるので些細な刺激や細菌で再発を起こしやすいです。

 

刺激の少ない成分にこだわった手作り無添加石鹸なら、身体を洗う時の刺激を抑えます。
天然由来のオーガニック成分は保湿機能を持っていることが多く、バリア機能の強化にも貢献してくれます。
アトピーの人は皮膚科で処方される塗り薬でケアするほかに、日常的なスキンケアを見直す必要があります。

 

 

石鹸に求められる成分と機能

保湿を意識して乾燥を防ぐ

 

アトピー肌の改善は清潔を保ち保湿をしっかり行うことです。

 

入浴時には、洗浄をしっかり行う必要があります。保湿成分を配合した石鹸も多少の効果はありますが、保湿は入浴後のクリームなどで行うことが望ましいです。
入浴時はしっかり汚れや細菌を洗い落とすだけではなく、皮脂を落としすぎないように注意しましょう。

 

アトピー肌が乾燥する要因は皮脂が少ない共通点があります。
低刺激で清潔を保つためには天然由来の石鹸やオーガニック成分が効果的です。
ゴシゴシこするのではなく手で優しくこすり、シャワーでのすすぎを入念の行いましょう。

 

石鹸に求められる成分と機能は、洗浄力よりも肌への優しさです。
入浴後に使用するクリームもオーガニック成分配合で余計な刺激を与えずに保湿できるものが望ましいです。
アトピー肌のスキンケア用品は、オーガニック成分配合に強くこだわる必要はないですが、100%天然素材でアレルギーと無縁の原料を使ったものが無難です。