漢方を併用して、アトピー改善にアプローチすることをおすすめします。

漢方はアトピー改善に役立つ?

たくさんの漢方が並ぶ写真

 

アトピーの慢性疾患で悩む方は漢方薬の活用を検討してみてください。
漢方薬は副作用リスクが低く、身体の内側から症状の改善に働きかけてくれます。

 

アトピー治療の主流になっているステロイド系の治療と併用できる点が大きなメリット
漢方に即効性はないのでステロイドと併用しながら活用し、症状が改善してきたら漢方を飲み続けてステロイドの量を減らすようにしてください。


 

痒みがある時はステロイドと併用

漢方がアトピーに良いのは実証済みですが、即効性は高くありません。
痒みの症状が出た際は皮膚科医に受診してステロイド剤を処方してもらうようにしてください。
即効性のある治療で痒みを抑える必要性が高いです。
漢方のみだと痒みが治まらず、掻いて症状を悪化させるリスクが高いので注意しましょう。

 

漢方を使うメリット

アトピーはステロイド剤が特効薬ですが、慢性疾患になるとステロイドの長期使用で副作用が出る恐れがあります。
ステロイドは長期間服用を続けると、ホルモンバランスが乱れてしまい、身体の中のステロイドホルモンが分泌されなってしまいます。

 

ステロイドを長期服用した後は、一気に飲むのを止めるのではなく、少しずつ量を減らしていかないといけません。
その過程の中で、ステロイドを減らしてもアトピーの症状を悪化させないように、補助的な役割で漢方を使うメリットが大きいです。

 

このほか、症状が収まった後に予防・再発防止を目的に一定期間漢方を飲み続ける活用法や、痒みはほとんど出ていない際の初期症状で使う方法があります。

 

 

アトピーの漢方処方

薬剤師に相談する女性

 

アトピーの漢方処方には決まった薬の種類がありません。
必ず漢方の専門性が高い医師や薬剤師に、症状や体質に合わせて調合してもらうようにしてください。

 

漢方によって痒みを抑えたい場合は、石膏か黄蓮を補う漢方薬を使うほか、胃腸や体質改善に働きかける漢方薬を併用することが望ましいです。


 

外用薬について

漢方の外用薬には、炎症・痒みを抑えるものや、保湿、血流改善など幅広い目的のものがあります。
漢方の外用薬を中心に治療した事例もありますが、一般的な軟膏クリームに比べると漢方は威力が弱いです。

 

外用薬については、漢方と一般的な軟膏のどちらが良いか言い切ることはできませんが、即効性だけを考えれば軟膏の方が優れています。
悪い治療法ではありませんが、漢方でアトピーを改善させる場合は、紹介している通りステロイド剤の補助として内服薬を飲む方法が一般的です。
外用薬でアプローチしたい場合は、専門性の高い医師か薬剤師に要望を伝えた上で相談してみてください。

 

軟膏クリームなど一般的な治療法を試して中長期的に効果が出なかった場合に、漢方の外用薬に重点を置いた治療方針へ切り替える検討をするとよいでしょう。